FX関連

FXで順張りが勝てない理由

FXで順張りが勝てない理由

FX本を読むとよくFXで勝つためには、順張りをしましょうという順張りを推進する本をよく見かけます。

私もFX初心者のときは、FX本のとおり順張りをしてトレードをした記憶があります!

でも結果は、順張りでトレードで私は勝てませんでした。

皆さんの中にも、私のような経験をした方がいるのではないでしょうか?

FX初心者の9割が1年以内に撤退してしまうという世界。

そう考えると、順張りって実際どうなの?って思いますね!

順張りとは?

順張りとは、トレンドに従ってエントリーをすることです。

上昇トレンドであれば、買いポジションを取る。
下降トレンドであれば、売りポジションを取る。

ということです。
じゃあ上昇トレンドならいつでも、買いポジションをとっていいのかというとそういう訳ではありません。

順張りのエントリー方法としては、押し目買い、戻り売りがメインとなります。

押し目買い、戻り売りとは?

押し目買いとは、上昇トレンド中に起きる調整のための下げを確認して、買いポジションをとることです。

戻り売りとは、押し目買いの逆ですね!下降トレンド中に起きる調整のための上げを確認して、売りポジションをとることです。

またレンジ相場が続いたあとのブレイクアウトを狙うという方法もあります。

ブレイクアウトとは?

ブレイクアウトとは、レンジ相場のサポートラインもしくはレジスタンスラインを突破して、一方向に相場が走り出すことです。

レンジ相場が長引けば長引くほど、ブレイクアウトの力が増していく傾向にあります。

なぜ順張りで勝てないトレーダーが多いのか?

今、話したように、順張りは、押し目買い、戻り売り、ブレイクアウトを狙った方法が一般的なやり方です。

一見とても理にかなったトレード方法に見えますが、結論から言うとおすすめしません。

それは、なんといっても実際の相場はFX本のような教科書どおりの値動きをすることは少ないからです。

実際の相場は、そんなに甘くありません。

動きが読みにくく、押し目買い、戻り売りのタイミングを掴むことが難しいですね。

結果的に初心者ほど自分の都合のいいように解釈して、なんとなくポジションを取ったりしてしまいます。

こんな、ギャンブルチックなエントリーで勝てると思いますか?

それは、上がるか下がるかの二択ですから、勝つこともあると思いますよ!

でも継続して勝ち続けることは絶対にできませんね。

そして少しずつメンタルがやられてしまい、最終的には撤退してしまうというコースになってしまいます。

これが初心者が陥りやすい罠なんですよね。

そして、ブレイクアウトについてですが、これも「だまし」という罠が潜んでいるので、抜けたと思ってポジション取ったら、次の瞬間反転して大損するなんてことも結構な確率で発生します。

ブレイクアウト狙いも勝ち続けるには厳しいですね。

このように、順張りには勝ち続ける確率がそこまで高くなく、その結果メンタルが疲弊してFXを撤退してしまうという流れになる初心者が多いのです。

FX撤退者って、実は大きな損失を出した方という訳ではないんですよね。

実際はFXトレードでメンタル的に疲れてしまい、続けられなくなった方もかなり多いと思います。

実際私も、別の手法を使ってた時は、多少の利益を出していたものの、これを続けていくのはキツイなと思い、やめてしまったことがあります。

これだけ苦労してこれしか利益がでないのか、コスパ悪いな・・・

こんな感情から、FXはもうやめようと思った方もかなりいるんじゃないのかと思います。

FX本も悪いと思いますね。
キレイなトレンド相場を例に出して、初心者をその気にさせてしまうのですからね。

もっとも、そうしなければFX本が売れなくなってしまうので、仕方ないといえば仕方ないのでしょうけど・・・大人の事情ですね。

このように順張りにはFXを長く続けるには厳しいと思うので、おすすめしません。

じゃあどうすればいいの?

結論から言えば、逆張りで考えて、エントリーは順張りを狙うことです。

こういうと、訳分かりませんよね。

まずは、逆張りで考えるということから説明しますと、一言でいうとポジションの優位性を考えるということですね!

例えば、次の図を見てください。

この図はスマホでチャートを表示させたものですが、現在の相場は、画面上部に達していますよね。

この画面上で現在の相場で売りか買いかを考えた時に、どっちが優位性があるかと思いますか?

それは、売りになります。
チャート内で表示されている一本一本のローソク足には、それぞれにドラマがあります。

どんなドラマかといえば、そこで買って利益を出そうという人と、売って利益を出そうという人がいたというドラマです。

買うという人しかいなければ、一直線で上昇していくでしょうし、逆ならば一直線で下降していくはずです。

でも、実際はそうはならず、買いと売りがひしめいているのです。

そう考えれば、それぞれのローソク足に買いと売りがいるのですから、上のチャートの一番上部のローソク足の位置で売りポジションを取ると、画面上のチャート内の中では一番優位性のがある売りポジションということになるのです。

これで優位性のあるポジションの準備はできました。
あとは、反転のタイミングを狙うだけですね。

これは、ダウ理論を使います。
ダウ理論についての記事を読んでいない方は下記のリンクから読んでみてください。

こちらもCHECK

ダウ理論を使って売買判断をする。

目次1 ダウ理論とは 1.1 トレンドの継続とは?2 私のトレンド転換判断2.1 上昇トレンドから下降ト ...

続きを見る

ダウ理論を使って、反転のサインを確認してから優位性のあるポジションを取るということになります。

これが、逆張りで考えて、優位性を確保し、その後エントリーは順張りを狙うという意味ですね。

こんなやり方が、いいのではないかと思います。

実際私は2020年の1年間この手法を使った結果年利20%を達成することができました!

シンプルな手法でメンタル的にも大きな負担がなかったので、1年間このやり方でやっていけたのだと思ってます。

今まで私は、1年も継続して同じ手法を使い続けたことはなかったので、とても自信になりましたね。

FXっていかにメンタルフリーでやれるかが一番の勝負だと思うんです。

利益はその次くらいに考えていたほうがいいですね。

私もメンタルフリーになりたいって方がいたら、私の手法をキンドル電子書籍化しているので、読んでみてください。

電子書籍プレゼントキャンペーン実施中

プレゼント

普通のアラフォー二児のパパがネットビジネスを始めて、
稼ぐ仕組みの自動化を作ることができました。

今までは、ブラック企業でパワハラやノルマ、サービス残業に苦しむ
ゾンビサラリーマンをやっていました。

そんな私が、たまたま出会ったネットビジネスにより
考え方が変わり、そのおかげで今では、
イキイキサラリーマンへと変化することができました。

いずれは、脱サラしFIRE達成できると信じてます。

考え方1つで、大きく世界は変わります。

人生は1度きり。
サラリーマンパパだって、もっと自由に生きていいはず。

家族を守り、自分も自由になる。

学校や会社では決して教えてくれないことがこのビジネスにはあります。

いつからでも遅くはないです。
気付いた今この瞬間が人生で一番若い日。

行動することが、人生の逆転劇を演じる第一歩です。

今の人生を変えてやる!

そう思うなら、是非読んでみて下さい。

電子書籍「次世代ビジネスの教科書」を今すぐ読んでみる

メールアドレスを登録するだけで
電子書籍とメルマガを無料でプレゼントしています。

電子書籍とメルマガ登録

-FX関連