FX関連

FXでスイングトレードの利確のタイミングは?

FXでスイングトレードの利確のタイミングは?

こんにちは、ユースケです!

スイングトレードをしている方でこんな悩みはありませんか?

  • スイングトレードは、いつ利確したらいいの?
  • ほっといて含み損に変わっちゃったらどうするの?

こういった悩みに答えてます。

本記事の内容

  • スイングトレードの利確はルールに従って決める
  • 含み損の損切りは極力しない

この記事を書く私は、自分で考えたスイングトレードスタイルの手法を使って勝ち続けることができました!

2020年の1年間で、年利20%を達成しました!

こういった私が解説していきます。

スイングトレードの利確はルールに従って決める。

結論から言うと、利確のタイミングは、自分で決めたルールに従って決めるということです。

なぜなら、そうしないと常に利確のタイミングの悩みからは開放されないからです。

悩みから開放されないと、仮にFXで利益を出すことができても、結局ストレスが溜まって、FXを撤退することもあるのです。

FX撤退した人の全てが、損失を出して撤退しているわけではありません。

FXで利益を出すことに疲労して、FXを撤退する人も結構いるはずです。

私も昔は、FXトレードに疲れてやめてしまった過去があります。

つまり、FXはできるだけストレスフリーでやるべきなのです。

ここで問題なのがルールに従えばいいと口では簡単に言えるのですが、なかなかうまくいかないんですよね。

なぜなら、人間誰しも含み益がある状態ではもっと利益がほしいという欲が出てしまうからです。

欲がでると、ルール上は決済すべきポイントに到達したとしても、「まだ利益を取れるだろう」といった根拠のない思いから、ルールを破ってしまうことがよくあります。

そうして決済を先延ばしにしたりしてしまい、結果的に利益を得るどころか損失を抱えてしまったなんてことも1度は経験したことがあるんじゃないかと思います。

そんな私も、過去には何度もこのような経験をして悔しい思いをしてきました。

分かっていても、何度も同じことを繰り返してしまうんですよね。

含み益を抱えた状態になると、どうしても欲に負けてしまい以前の失敗を活かせず、また同じことを繰り返して結果的に負けてしまう。

人間の欲にはなかなか勝てないのだなと痛感しました。

しかし、この欲に勝てない限り、FXで勝ち続けていくことはできません。

  • ではどうしたら、人間の欲に勝つことができるの?

私は考えるうちに、とうとう一つの考えが浮かんだのです。

それは、

ルールを簡素化すれば、従いやすくなるんじゃないのか?

というものでした。

みなさんは、どのようなルールで利確のタイミングを決めていますか?

移動平均線やテクニカル分析を組み合わせるなど、いろんな分析ツールを駆使して利確を決めたりしていませんか?

このようなやり方をしている方が多いと思います。

でも、実際にこのルールを守れていますか?

今回はこの分析ツールは使わないでおこうとか、この分析ツールを追加してみようとか、その時々で都合のいいルールにコロコロ変えてませんか?

このようにルール自体がコロコロ変わっては、利確のタイミングがあやふやになってしまうのも無理もありません。

つまり、ルールが複雑すぎて、ちょこちょこルールをいじる原因になってしまっているのです。

もしルールが1つだけと単純なものならどうでしょう?

もう1つしかないのだから、いじりようがありませんよね!

あとは、その1つのルールをひたすら信じ続けるという信念があればルールを破ることはありませんね。

実際私の手法の利確のタイミングは超単純です!

おかげで、この手法を使ってからは、ルールを破ったことはありません!

そして、勝ち続けられるようにもなりました!

ルールを守りさえすればいいだけなので、ストレスフリーですよ。

私の手法をキンドル電子書籍化していますので、よかったら読んでください。

このようにルールを単純化することで、ルールに従いやすくする。

そして欲に勝つことが大切です。

そうすれば、ルールに従った利確ができるようになるはずです。

含み損の損切りは極力しない

ルールに従って利確するのは分かったと思います。

では、利確できずに含み損を抱えたポジションはどうするのという疑問が出てきますね。

結論から言うと、含み損を気にしないということです。

つまり、極力損切りはしないということですね。

損切りしないと強制ロスカットされちゃうんじゃないの?とか思いますよね。

確かにレバレッジをかけすぎるとそうなるかもしれません。

だったら安全圏内でトレードをすればいいんですよ!

そもそも、せっかく取ったポジションは資産なんですよ!

多少の損失を抱えたくらいで損切りしてはいけません。

そして、相場というのは上がったり下がったりを繰り返します。

相場はまるで伸び縮みする輪ゴムのようなものなのです。

なので、1度含み損を抱えたくらいで損切りしていてはダメです!

自分の取ったポジションは、大切にしましょうよ!

それでも、ちょっと利益を出すことが難しいなと感じた時は、そこで初めて損切りを考えればいいのです。

損切りについては、下記の記事を参考にしてください。

こちらもCHECK

FXで損切りしない!そして強制ロスカットも防げ!

当たり前のことですが、何事でも負けさえしなければ勝てます。なので、負けないための戦略をたてることがメチャメチャ大切 ...

続きを見る

ちなみに私は、2020年の1年間損切りは一度もしませんでした。

含み損は当然何度も抱えましたよ!

コロナショックの時は結構な金額の含み損を抱えました。

でも、強制ロスカットされないサイズでのトレードをしていたので、耐え抜くことができました。

同時に、その後の急激な戻しで、全てのポジションを利益を出して決済することができました。

大事にポジションを持っていれば、含み損もいずれ含み益に変えられる可能性は高いのです。

なので、簡単に損切りしてしまうのはやめましょう。

まとめ

このように

  • スイングトレードの利確は、ルールに従って決める
  • 含み損を抱えても、すぐに損切りしない

ということが、スイングトレードでは大事になってきます。

FXは長い旅です。

スイングトレードは、ちょっとしたことは大目にみようという寛大な心を持つことが大切です。

目先の利益にとらわれないようにしましょう!

こんな私の手法に興味があったら、是非どうぞ!

スイングトレードは超おすすめです!

電子書籍プレゼントキャンペーン実施中

プレゼント

普通のアラフォー二児のパパがネットビジネスを始めて、
稼ぐ仕組みの自動化を作ることができました。

今までは、ブラック企業でパワハラやノルマ、サービス残業に苦しむ
ゾンビサラリーマンをやっていました。

そんな私が、たまたま出会ったネットビジネスにより
考え方が変わり、そのおかげで今では、
イキイキサラリーマンへと変化することができました。

いずれは、脱サラしFIRE達成できると信じてます。

考え方1つで、大きく世界は変わります。

人生は1度きり。
サラリーマンパパだって、もっと自由に生きていいはず。

家族を守り、自分も自由になる。

学校や会社では決して教えてくれないことがこのビジネスにはあります。

いつからでも遅くはないです。
気付いた今この瞬間が人生で一番若い日。

行動することが、人生の逆転劇を演じる第一歩です。

今の人生を変えてやる!

そう思うなら、是非読んでみて下さい。

電子書籍「次世代ビジネスの教科書」を今すぐ読んでみる

メールアドレスを登録するだけで
電子書籍とメルマガを無料でプレゼントしています。

電子書籍とメルマガ登録

-FX関連